放射光(X線)で小さなものを観察する大きな2つの施設


プレスリリース・研究成果



概要 画像
 2024/07/08 (

プレスリリース

) タンパク質結晶に分子を閉じ込め反応過程を可視化
  
 2024/06/28 (

プレスリリース

) アミノエチルチオコハク酸ジアンモニウム のうねりの改善メカニズムを解明
  
 2024/06/18 (

プレスリリース

) 10 億分の1 秒の原子運動を見る放射光技術を開発
  
 2024/06/14 (

プレスリリース

) ふらふらな分子を止めて構造を見るタンパク質の「組木細工」
  
 2024/06/13 (

プレスリリース

) \ナノビームX線回折法で実現!/ GaN結晶中の転位が引き起こす歪み分布を非破壊で検出
  
 2023/11/08 (

研究成果

) ゲート型吸着剤はガス分子をどう取り込む?
  ゲート型吸着剤の構造変形速度を定式化し、温室効果ガスの一種であるCO2ガス吸着の動的過程を時間分解X線回折により観測
 2023/10/25 (

研究成果

) 超伝導になる電子のカタチが見えた! 量子ビームで描く次世代材料の設計図
  希土類化合物CeNi2Ge2の超伝導状態でセリウム(Ce)の4f電子のカタチを初めて観測し、4f電荷分布がゲルマニウム(Ge)に向かって伸びていることが判明
 2023/10/18 (

研究成果

) X線回折に潜む非線形性の発見
  強いX線の照射により物質のイオン化が進行することによって、回折強度が入射強度に比例しない「非線形性」が発現することを示した
 2023/10/12 (

研究成果

) 自動車向け燃料電池内部の水の挙動を解明
  放射光X線と中性子ビームを組み合わせた水分布評価技術を確立
 2023/10/05 (

研究成果

) 結晶の“ズレ”が音速を超えて伝播することを実証
  物質中の原子レベルの結晶のズレが伝播する速度が、物質中を振動が伝わる速度(音速)を超えられるのか、という半世紀以上にわたる疑問を肯定的に解決した

TOPへ