XPR (X-ray Phase Retarder)

 

 

 

BL3 OHにはXFELの偏光を制御するためのX線移相子(X-ray phase retarder, XPR)が常設されています。

 

XPR装置を利用した実験を計画されている場合は、利用可能な波長や偏光条件などについて、課題申請前にこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。まで必ずお問い合わせください。

 

 

参考文献:
M. Suzuki et al., J. Synchrotron Radiat. 21, 466 (2014).
Y. Kubota et al., J. Synchrotron Radiat. 26, 1139 (2019).

 

 

  2020 04 23 223825

ー XPR装置図

 

PR装置には偏光を制御するための3種類のダイヤモンド結晶が備えられています。各ダイヤモンドのパラメータと対応する光子エネルギーを以下に示します。

 

 

 

  2020 04 23 224308

 

 

各ダイヤモンド結晶を用いた際の円偏光度と透過率のX線光子エネルギー依存性の計算値を以下に示します。

 

XPR 01

ー 円偏光度(左図)と透過率(右図)の光子エネルギー依存性

 

 

11.562 keV(PtのL3殻吸収端)における垂直直線偏光度と円偏光度の測定結果はそれぞれ67 %、97%です。

 

 

 XPR 02

 

ー 直線偏光度(左図)と円偏光度(右図)のダイヤモンド結晶角度依存性

 

 

 

さらに、従来のモノクロビームをXPRに入射する実験配置に代わり、ピンクビームを入射し、偏光制御後に単色化することも可能です。以下に実験配置例とその際の円偏光度の計算値を示します。

 

XPR 03

ー XPRを用いた実験配置例。XPRにピンクビームを入射した後に単色化する場合 (a)とモノクロビームをXPRに入射する場合 (b)。TM: timing monitor; CCs: monochromator composed of channel-cut crystals; BM: beam monitor。

 

 

 

XPR 04

ー ピンクビームをXPRに入射し、その後単色化した際の円偏光度の計算値

 

 

SACLAの場合、ピンクビームを用いることで、タイミングモニターとの併用が可能になります。

 

 

 

 

参考文献:
K. Yamamoto et al., New J. Phys. 21, 123010 (2019).

 

 

 

 


TOPへ